プロフィール

うんげん

Author:うんげん
雲南省とチベットの国境らへん↑

やまもと りょーた。

京都

瓜生山の古家に住む

34歳

24カ国放浪

大阪芸術大学、写真学科卒。
長久手町出身。





検索フォーム
ブロとも申請フォーム

まとめ
--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月23日(土)

歴史や基礎知識

つい先日、小学生の社会見学があった。
そこにワシも居たのでおさらいをする。
なので、ちょー初心者向け。<ワシも含む>


畳はいつ頃、考えだされたのであろう?
文献には古事記や日本書紀などに出てくるらしいが、おそらく奈良時代だと思われている。
元々、畳は天皇の座る御神座だったらしい。
広い広い板の間に約1m正方形の畳台を置き、その上に天皇が座る。
だんだん幾つかの畳台が板の間に置かれる様になり、その時の偉い人達用に置かれた。
それは、階級や役職によって大きさや高さや縁の色が違ったと考えられている。
この御神座。すげぇかっちょいい。
ワシはまだ、図鑑でしかまだ見た事が無い。

畳を部屋に敷く様になったのは、15世紀くらいらしいが
当時の武家の家くらいのもんだったらしい。

一般庶民が部屋に敷く様になったのは明治以降らしい。

そして、人の数が増える事で、機械化が進み、値段も手頃になって普及していった。
中国での制作が始まり、技術や価格が格段と落ちてしまった。
最近の中国産のい草は、一昔と比べると格段に良くなっている。
ただ、国産とは比べ物にならない。そりゃ日本人が1000年近く試行錯誤したものだもの。

ちょい前の中国産はい草を泥染する事が無く、化学染料で染めていたので
雑巾で畳を拭いたとき、雑巾が緑色になるのは、ちょい前の中国産と見分けがつく。
最近のは熊本から中国へ土を運び、泥染をしてる。

現在は、畳の無い家が増え、これは流行とかだけでなく、
家そのものの作り方が変わった為であるが
ここ10年での全国の畳の生産枚数だけど、1年間4000万枚から400万枚に減ったらしい。
そりゃ、今の小学生の家でない事もうなずける。10年で10分の1だもの。
畳屋さんは減った。それに伴う糸、布、に始まりお茶道具や着物関係なんかも、そりゃ減る。

師匠やワシの考察。

日本の家は風土に合わせて柱構造だった。
それは、湿気が激しい時期や乾燥の激しい時期があるからだ。
それで四季がある。世界でも稀やと思う。
現在、家を柱構造で作れる大工さんは、ほんまに少ない。
柱構造といっても、土台基礎の部分である。
柱は石の上に乗っていた。
ただ石の集まりに乗っていたのだ。
その技術で今の建築基準法では法律上、2階建てなんかは無理なはずかな?。
地震にもきちんと対応していた。そりゃ地震は昔でもあったのだから。
その技術者がほとんど居ない。
知識では知っていても経験が無い。
3階建ての築100年を超す京町家は存在する。火災には弱いけどね。

なぜ、家の土台部分のほとんどが土なのか?
今はコンクリートのベタ基礎が主流であると思う。
寒いや暑いなどの感覚を回避し快適性を求めた結果やと推測する。
昔やって、コンクリはなかったけど、小石を石灰とかを水で混ぜて敷き詰めたらええやん!
三和土<たたき>ってやつだね。
でも、しなかった。
それは、家が呼吸をする事で、長持ちしたからだ。
畳は呼吸したり空気を浄化する。
だって農産物だもの。。。
知恵の結晶だね。

最近、壁は土壁<聚落>や漆喰<石灰と土と藁>を求める。
それは、家の中の空気を浄化するからだと言われる。
でも、1ミリ程度じゃね?と思う。
それでも、壁紙は化学性<石油など>の身体に良くないとされる物質を使わなければならない。
で、土を使う。
ワシも聚落が好きっす。できれば土壁の上に聚落がいい。

そんで畳は6センチ!もある。
どれだけ、呼吸してくれるのだろう。どれだけ家を長生きさせてくれるのだろう。
この厳しい風土の中。全くたくましい技術である。
そして、文化も形成した。
西洋や中国は椅子の文化だが、日本人は床に座る。

またアルミサッシで窓も変化した。
結露の応酬。湿気だらけの為、空気清浄機などが必要となる。
そんな家でも畳を敷く。そりゃカビる。畳は農産物だって!
だから、最近の畳のワラ床には発砲スチロールを入れる。旭化成が考えたらしい。
賢いな。技術で補っている。
そんで軽いので運ぶのが楽ちん!畳屋さんや引越屋さんは喜ぶね。
でもい草との間にワラもちゃんと使ってるのが賢い。
変化に対応せねば。

ワシはワラのみの床を選ぶけど。
なんせ住み始めたのが築100年の古い家だったから。

そんなこんなで。

その昔、小世界旅社が出来た頃、すきま風がひどかった。
ワシは、大ボス岡村さんに「なんとかならんの!」と言った。
岡村さんは、日本は暑くて寒いもんだ!と言っていたのを思い出す。
そう人が怠けをただけである。ワシも怠け者。
またの名を風通しの良い家。
ワシより旅をしている岡村さんならではの答えに、今は感心する。
家の寿命か、人の快適さか?
人はこの先、どちらを選ぶのだろう?

小学生は畳を大切にしたいと言っていた。

なくさへんで!






スポンサーサイト
 
01月26日(火)

京間と江戸間

昨日から今日の15時まで、彼女の友達の誕生日パーティで
17時から畳の運びの仕事。
ドイツ人のトモダチが出来た。
京都に住もうとしている。4日目の日本。手書きの地図を渡した。
子供と日本人の彼女と一緒に。

家は楽しい。

そう、パーティの席で、ワシの語り癖が始まり、彼女に止めてもらい。
話しかけた、最後の雑学がある。

京間と江戸間

京間が大きくて江戸間<関東間>は小さい。
そんなもんでした。

なぜ?

答え。

100年くらい前の京都の家は、畳の寸法が決まっておりました。
1910×910=一間
その畳の寸法を基準に大工さんが家を思い描いた。
んで、襖屋さんやら建具やさん、庭師さんに左官屋さん。
などなどの職人さん達に寸法とイメージを伝える。

それが、京町家。
いっぱい、いろんな種類がある。

江戸間は、既に板間の家があった。
その家に合わせて、畳を包丁で小さくした。

その差、3割。

東京の8畳間は京都の6畳間に近い。

ちなみに、中京間ってのもある。
わしが、産まれた地域のサイズ。
やっぱり、中間のサイズらしい。。

その間の畳み作って、家建てたりしてみたいな。
土地探しは楽しい。
金はないけど。






















 
01月30日(土)

カマチ綴じ

カマチ綴じ

今年、1月6日から始めた畳。
師匠が最初に教えてくれたんが、カマチ綴じ。
カマチは畳の短い丈の部分の事をいう。

い草の表の横目と、糸の縦目。
織り機で畳表となった、い草を仕入れ寸法に合わせて横目に包丁で切る。
その横目から糸が出る。
それを綴じるのだ。

糸の種類は値段の安い順番から
綿1本糸、綿2本糸、麻1本糸、綿麻2本糸、麻2本糸。
もちろん、い草の質でもかなり値段は変わる。

綿には綿で、麻には麻で。
糸をククっていく。

手作業が少ない現在の畳は、カマチの部分を木工ボンドで止める。
そりゃ止まるけど、いつまでモツのやら。

なぜに止めるかは、い草が緩まないようにだ。
その為には、しっかりと奥で、い草を支えるように、手と糸で、そっとキュッと綴じる。

今までに12枚の上敷きができた。
んで、これが13枚目。綿1本糸。2本ずつ綴じていく。
久しぶりに綴じると身体が忘れている。
毎日の鍛錬。これを欠かしちゃぁあかんわな。と身に覚える。
4枚目の綴じが終わる頃、ようやく身体が動きだす。
そんな感じ。

師匠は1級技師だ。自慢はしない。だで名刺には『畳』と名前のみ。
で、師匠が半間×半間=一間を綴じる時間は、約7分。
ワシは。一間=40分。
あかん。あかん。あかん。

焦るときちんと出来ん。
じゃが、スピードに乗って会話しながらすると、ムッサ早い。
たまに30分でイケル。

今日の最初の一枚は1時間。綴じていく方向さえ忘れている。
でも4枚目は一間25分。
まぁこんなもんじゃろ。ワシの精一杯。

その後、平刺しをする。

一尺、一寸、一分。
単位の問題。ネットで調べる事は簡単じゃが、ワシには感覚がない。
ワシは平刺しの時、表刺しは一寸、裏刺しは五分。
なんとなく、上敷き『ゴザ』はこの感覚がワシに合う感覚。
畳師それぞれ違う。

でも、ワシら世代は、一寸の感覚を知らない。
最初は、一寸を目指しても、そうは上手くいかない。
物差しに合わせながら、慎重にしても一分は狂う。
コザルって目安となる定規で、確かめながら。
コザルは約9分。それが縁の長さの基準だ。
縁の柄によって変えたりもする。

14枚目。物指しは要らない。
もう一寸が、こんくらいって感覚を知る。

すなわち、『一分の狂いも無い』。

その下が厘。一寸の上が尺。んで間とか、糸には多分、毛だろう。
日本人はどこから、自分たちの物差しを忘れたのだろう。。
マイルやフィートは知っているのに。

今日はコザルを師匠から頂いた。
黒檀でできている。黒檀!
我が家に来る、初めての黒檀である。

道具が綺麗な人はいい腕を知る。
ニコさんの教え。
守らねば。















 
02月25日(木)

ゴザ卒業。畳入学。

畳のはじまり。

今日から、畳の制作が始まった。

師匠は、カマチ<角>を初めに覚えなさいと言う。

畳の丈の短い方を縫う作業。

厚み6センチのワラ床の上に、い草の上敷きを張り、まちばりで師匠が留める。

それを固定する為に、針と糸で縫っていく。

厚さ約6センチ<2寸>に固められたワラは硬い。
すげぇ硬い。

もし、上敷きの作業で、ワシが針と友達になれなかったら、
全く歯が立たない。
場所によりペンチを使う必要な硬さだ。

でも師匠は片手で抜く。しかもちょー早い。そして正確。
さすが、1級技師。
でも名刺には、畳と名前だけで、1級は書かない。
恥ずかしいらしい。京都人の奥ゆかしさ。

手縫いの難しさを初めて知る。

しかも6センチの厚みの空間を、一分の狂いも無く刺していく。
最初は、四分近く狂った。

集中。集中。集中。

話しながらすると、舌を噛む。
ちょー痛い。
気を反らすとあかん。写真の物撮りに近い。腕立て伏せに近い。

師匠が言う。
「リョータ君なら、1ヶ月もすると無意識にできるから、話しながらできるよ」と。
糸屋さんも言っていた、無意識の極地。

そこで生まれる物は、常識を超えると。。。

せやが、指の皮はズル剥けた。また新しいマメができそう。

19歳の頃、パンクの時覚えたピアッシングにかなり近い。
集中出来ていないと、とんでもない所を刺してしまう。指先とか。目とか。
ピアスも一緒。
身体に穴を開ける行為。
針の入り口と出口で格好良さがあった。

痛いとかの意識を捨てる事を思い出す。
それより、綺麗さや格好良さを目指してる自分がいる。

ワシの人生、無駄は無かったと思えた。

好きな事をしてた。
それだけだった。
好きな事に出会った時、
全てがつながる。

好きな瞬間は一瞬かもしれない。
それを感じる事は稀やわ。
でも、その小さな時はとても大切やと思います。

コンパクト ライフ。

子供達に残せる事はなんだろう?

きっと、自分を知ると言う事だと、今は知る。

そして、つながる。

伝承。

江戸時代の心を、身体が感じます。












 
06月06日(日)

現在の畳

畳は大まかに2種類有ります。

ボードの床にい草の表を縫った物と

ワラの床にい草を縫った物。

ボードの種類は豊富に有ります。

発泡スチロール、木のチップを圧縮した物。
発泡スチロールとワラを組み合わせた物。

良く見かけるのは、これらですが、

まだまだ、沢山あると思います。


素材はなぜ生まれたか。

値段と住宅の変化と師匠が言います。

値段ですが、い草の表は、4000円~25000円くらいの幅があります。

発泡スチロールにい草の表を貼れば、5000円程度で出来るでしょう。

スーパーマーケット方式を使えば、1畳2980円!!
なんて事も可能。

発泡スチロールは寿命が5年程度で、使えなくなる。

ウッドボードで10年くらい。


ワラの床は、25000円からの値段。

でも、80年は使える。

50年くらいで、少しフカフカになって、気持ちよい座り心地になる。

住宅事情と値段。

これだけで、固有の文化が消えても良いのだろうか?
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。