プロフィール

うんげん

Author:うんげん
雲南省とチベットの国境らへん↑

やまもと りょーた。

京都

瓜生山の古家に住む

34歳

24カ国放浪

大阪芸術大学、写真学科卒。
長久手町出身。





検索フォーム
ブロとも申請フォーム

まとめ
--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02月20日(土)

文化革命新聞

最近、いろんな人と話をした。

小学生や政治家、職人さんや問屋さん、大学の先生や近所のおじいさん。
大学生、フリーター、農家、新聞配達の人や祇園祭の仕切りする人。
フランス人やドイツ人やミヤンマー人や台湾人。
ほんまいろいろ。

みんな、同じ様な事を言う。

今の世の中は、何かおかしい。

資本主義や自由経済、グローバル化やエコロジー。
物の価格や価値。生活や仕事の時間。
何かが間違った方向へ進んでいる。
そのスパイラルを押さえる事ができない。

ワシも同じ様な事を考えてた。

でも、みんなどうしたら良いのか分からない。
何をしたら良いのか分かっていても、どう行動したら良いのか分からない。

そこで、新聞を発行しようと、イドバタ会議で決まった。

ワシはその編集長をする。

ほいで、いろんなコミュミケーションの場を使い
いろんな、視点を話し合いたいし知りたい。
ワシ独りでは、どーも偏る。
独りは誰でも偏ってしまうと思う。

4月に創刊号の発行をめざす。
といっても、金はないので、ちょー手作り。
コピー機はあるので、何枚でも刷れる。リースなので紙代のみ。
月一で。

何でも議題は問いません。
文化や生活がどう変われば良い世の中なのか。
真剣に気楽に対話できたらええなぁ思います。

糸屋さんの話。
あと2,3年で原料を作っている農家が無くなる。
だから、僕も糸を紡ぐのを辞めようと思う。

畳屋さんの話。
今34歳で、国家資格の1級技師だけど、嫁さんが果物農家なので
畳屋を辞めて、マスオさんに行く。

どーやら、2,3年で世の中が変わり
そして元に戻らなくなりそうだ。

今まで、もっと先の話やと思い込んでいたけど、
伝統職人さん達の立場は、今の今らしい。

小学生は伝統を大切にしたいと言っていた。
でも、大人達は放棄せざるをえない。
子供達が大人になる頃、伝統文化はほぼ無いだろうと、今の職人は言う。

何か行動をせねば、日本伝統文化は消える日はそう遠くないみたいだ。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。