プロフィール

うんげん

Author:うんげん
雲南省とチベットの国境らへん↑

やまもと りょーた。

京都

瓜生山の古家に住む

34歳

24カ国放浪

大阪芸術大学、写真学科卒。
長久手町出身。





検索フォーム
ブロとも申請フォーム

まとめ
--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07月01日(木)

い草の旅

船旅。

何度めだろう、船中泊。

思い出して。。。

小樽ー舞鶴 3回
苫小牧ー名古屋5回
石垣島ー大阪6.7回
上海ー大阪3回 [鑑真号]1回
那覇ー大阪4回
南大東島ー那覇3回
北大東島ー那覇2回
バリ(イタリア)ーアテネ1回

こんなもんかな。
なんと、56船中泊してる。

たぶん何か忘れてるけど。。。
世界一周できるんちゃう?


今回、初上陸する、九州!

い草の刈取りに、熊本県、八代へ、農家の太田さんにお世話になる。

大阪南港を出発して、別府へ。

50ccリトルカブに荷物積んで。


太田さんには、今年、3月頃に藤井畳店で出会った。

ここ最近、国産のい草の出荷量がガタ落ちで、

京都よ、どないになってるの?

と言う、熊本い草協会の面々が、京都の色んな畳店に訪問してきてた。

そのウチの1人が太田さんで、

とことん、い草好きの、芋焼酎大好きの人だった。

いっぱい語り合った。現実とのズレが何で出来たのか?

その夕方に伊吹元文部大臣がワシを訪ねて来てくれたんだっけ。

思い出すなぁ。

あれから、4ヶ月あまり。。

やっと、い草の田んぼに、向かう事が出来る。

心配なんは、昨日の大雨。

出発前に、京都畳組合の理事長さんに、挨拶しに行ったら

昨晩の大雨で、太田さんの近くの農家さんの
田んぼが潅水してる写真を、写メで見せてもらった。

今年はヤバイんかなぁと、心配になる。

成育は、5日ほど遅れてると太田さんに聞いてた。

地球の天気は常に変動する。

過去は統計でしかない。

作者と自然との対峙。

そして、農家の腕の見せ所でもある。

ワシは北大東島や石垣島でサトウキビに立ち会った。

手狩りして、工場も勤めた。

農業は紙一重。

技術、天気、土、陽当たり、気配りなどなど。。。

それら全てが重なった時しか、満足せん。

農業は、甘くない。


ワシは畳屋になりたいけん、部屋にキチンと敷く事が仕事。

でも、知りたいんやなぁ。

素直に。率直に。

ワシらは、畳は農産物と気軽く言う。

けど、夏のクソ暑い日射しん中、合羽着て、田んぼで仕事して、
一日5食食べて。。。

冬の始まりの、初雪の舞う時に、凍てつきそうな田んぼに直接手で、
焚火しながら、 そっと苗を植える。

こんな厳しくせんと、日本の畳の表となる、い草はできん。

ほんで、機械織と、手織りがあり。

もう、幻の手織り。

やりたいぜよ!

理事長さんに、備後のい草農家の暮らしのドキュメンタリー借りた。

おばぁちゃんが、言うてた。

孫の様に可愛い、い草の表だと。。。

可愛い、い草!

どんなんじゃねん!

ワシには、まだ可愛くは、感じん。

たぶん、それらは文化財にしか使われへん。

ワシは、家族、友達、つながりのある人の畳がしたい。
そんで、ワシの畳が子孫につながったら幸せ者じゃ。

ワシの畳の上で死んで欲しい。。。あの世。。この世。。


いくでこんにゃろう!

表の素晴らしさを掴んじゃる。

芋焼酎はキクわぁ。。さてさて、船で寝ますかな。

写真は別府の秘湯へびんゆ
カブ

へびんゆ











スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。