プロフィール

うんげん

Author:うんげん
雲南省とチベットの国境らへん↑

やまもと りょーた。

京都

瓜生山の古家に住む

34歳

24カ国放浪

大阪芸術大学、写真学科卒。
長久手町出身。





検索フォーム
ブロとも申請フォーム

まとめ
--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月27日(水)

国境





あれは、愛知県と岐阜県の県境を、
おかんのMR2でがんちゃんと、
さびれた温泉に向けドライブしてた。

森を抜け田園地帯に出た時、
ふとグアテマラとホンジュラスの国境の風景が浮かんだ。

急に、国境について、感じ始めた。

なぜ、存在するのだろう。

国境。

人が始まった時、初めに家族を作った。
そして、家族を外的から守る為、柵を作った。
親類が集まり、さらに大きな柵を作った。
そして、仲間が増えると、町が出来上がる。

権力の発生。

欲望は誰にでも存在する。
時には暴力へと変化する事さえある。

縄張り争い。

遠い昔から、人は柵を作る。

家族から始まる人生を見直すべきだと思います。


その現場で、今、死にかけている存在を探し、
それを記録する。

これからも旅はする。
限られた時のなかで。
でも、目的地がある。
探しまわり、足の裏がズルムヶになるまで散歩して
国境を撮るんだ!

それから、2008年3月、チベット争乱の中、
香港へ中国ビザを求める。
発行停止。
ビザ無しで入国。
雲南省の警察署で延長とかしてもらえた。
雲南省で働きながら、素敵な出会いをしながら、
ヒマラヤの渓谷の始まりを、風でかんじながら、
ラサを目指した。
様々な国籍の7人が集まりランクルに乗り込んで。
最終地、飛来寺村 3500m

思い通りに往かない事もある。
それを、知った後、
北大東島でがんちゃんと製糖工場で働いた。
働く喜びは、ここで学んだ。
そこには、リン工場跡地がある。
閉鎖され、台風などの猛烈な過酷な環境の中、
人は、しっかり生きていた。
日本の離島。国境ライン。アメリカ?中国?
世界の人の住む島の中で、最も古い珊瑚礁隆起の島。
レインボーストーンなんお宝もある。
探したけど、仕事一本してた。なかったな。
島の人達に家族に入れてもらった気がした。

国境。

追います。この限られた時の中で。
自分らしく生きてみる。


ryota


スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。