プロフィール

うんげん

Author:うんげん
雲南省とチベットの国境らへん↑

やまもと りょーた。

京都

瓜生山の古家に住む

34歳

24カ国放浪

大阪芸術大学、写真学科卒。
長久手町出身。





検索フォーム
ブロとも申請フォーム

まとめ
--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月19日(火)

まちばり

machi2




い草の上敷きを止めたり、張りを出すときに使う。
まちばりと言われるだけあって、まちばりなんだな。

だが、なぜに?穴が開いているのだろう?と思い、師匠に尋ねてみた。

その昔、
カマチの角の部分は木枠で出来ていて、その寸法を測るのに
まちばりを寝かして、その穴にもう一つのまちばりを刺し、ほんで目安をつける。
何の事かさっぱりっじゃったが、実際にやってみて
まぁ、何となく分かるけど、物差しでええやん!

んで、
元々、穴が先にあったので、それを利用した説と
その為に、穴を作った説があり
卵と鶏の話になってしもうた。

じゃが、まちばりは使う。
まだ、畳表を張る事はできんが、
師匠の張ってる姿はかっちょええ。
9本刺す時と、8本刺す時があって、
9本が京間の畳で、8本が関東間。
い草の質によって変えるらしい。
高級な、い草は張りが違うらしく安いのは京間でも8本でするらしい。
7本でも出来るらしいが、ふにゃけるらしい。

まだまださっぱりじゃ。














スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。