プロフィール

うんげん

Author:うんげん
雲南省とチベットの国境らへん↑

やまもと りょーた。

京都

瓜生山の古家に住む

34歳

24カ国放浪

大阪芸術大学、写真学科卒。
長久手町出身。





検索フォーム
ブロとも申請フォーム

まとめ
--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05月23日(日)

チョコリンガーズ

居候。

ワシが12年間続けた行為。

やっと、一人暮らしが始まった。

でも、居候者はやってくる。

今回の居候者は、ジンバブエから帰国したあゆむくん。

チョコリンガーズって ムビラ のバンドをしている。

京都で、月に30本ものライブをこなす。

あゆむくんも、ジンバブエに師匠がいて、

師匠から教えを学び、それを伝える。

京都で、毎日、どこかで彼の音が響く。

そして、師匠の音楽を伝える。

あゆむくんとの共同生活はたのしい。

なんか、あうんやろなぁ。


今度、京都の小学校で畳糸の授業をする事になった。

でも、大麻の育て方から始まる。

種を蒔き、芽がでて、立派な植物になり、収穫し

加工して、畳の糸にする。

それは、一歩間違えば犯罪行為だ。

でも、校長先生は快く受けて下さった。

3時間目と4時間目の授業をワシがやらせて頂く。

90人の小学生が参加する。

鬼無里村の前村長さんは、毎年、鬼無里の小学生に畳糸の作り方を教えている。

子供達に、過去を教え、未来につなげる。

それは、伝承技術を守りたいと願うからだと感じた。

今回、ワシの師匠はもちろん、麻の老舗問屋の番頭さんや、畳組合の理事長も参加する。

すでに先生達は大麻の重要性は感じていた。

なんとなく、麻は重要だと。。

でも、師匠が小学校に信頼と尊敬を得ているので、受けて下さったと思う。

やっぱ、師匠すげぇ。

もちろん、スペインのドキュメンタリークルーも参加する。

ワシは思う。

子供達に、過去を教えて、未来につなげる事は、とても重要だと。

大人達は、資本主義を選び、経済を用いて、平和で豊かな国を築いた。

でも、過去に目隠しをして、大切な伝統文化を消して来た。

ワシに出来る事は、

過去の伝承技術を子供達に教えて、今の子供達に、いろんな選択肢を与える。

そしてドキュメンタリーの映像として、世界に配信し訴えかける。

未来の文化を築くのは、今の子供達なのだから。。。

精一杯がんばります。

すべて、ボランティアでやります。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

おもろい人生~

ロマン感じる!
アユムと同居って
・・・濃すぎやろ!

caourl5176
あっとまーくgmail.com
よろです♪

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。